最新医療で膣の引き締めを│ビビーブの効果

花

膣内細胞の再生

年を取って行くと体の様々な部分に老化が見られてきます。これは肌だけでなく膣の内部にも関係しているのです。さらに出産などを行なった女性の場合は特に膣内のダメージが大きいのでしかっりとケアを行ないましょう。

女の人

メスを使わない治療法

ビビーブを用いた治療ではメスや膣内を傷つけるような医療道具を使用しません。ビビーブは親指サイズの機械を膣内の壁に押し当てるように治療していくため麻酔も不要になっている治療になります。

ビビーブの効果

下半身

ビビーブ治療は、膣内に親指サイズの特殊な医療機器を挿入してその機器かうら発せられるエネルギーによりコラーゲンの生成や分泌を促すことを目的とされた治療になっています。この治療は出産後に膣の緩みを感じた方や、膣内に以前までの潤いを感じなくなってしまった方達に多く行われている治療になります。さらにこの治療を行なった女性の8割が膣の悩みを改善することができた、と言うほど効果が高いのです。効果の現れ方に関しては患者の体質により異なってきますが、3ヶ月で6割以上、6ヶ月で8割以上という統計も出ています。この治療は膣に悩む女性達の救世主と呼べる存在になっているのです。
ビビーブの治療の効果は膣内の壁が薄ければ薄いほど実感し易いです。その理由としては高周波エネルギーが膣内の細胞の届きやすいためとされています。また高周波エネルギーに関しては熱を持っているのですが、ビビーブ自体が断熱パルスを送り込んでいるため治療している患部に関して熱を感じることはほとんどないでしょう。さらに膣の治療というと今までであれば出血や痛みを生じることもありましたが、ビビーブは挿入する機器も小さく刺激も少ないためそのような問題は発生することはありません。そのため麻酔などの体に負担をかけることをせずとも治療を行なうことができるのです。治療を行えば膣内の壁が以前のように戻ってきますが、より効果的に引き締めを行なうのであればケーゲル体操などの引き締め効果のあるものを行なうといいです。

お尻

日本ビビーブ協会

日本ビビーブ協会という協会があります。この協会は膣の縮小治療で行っているビビーブという医療機器の協会になり、日本にビビーブを取り入れた第一人者と呼んでも過言ではない存在になります。